段階によって仕事探しの目標が違う

エンジニアとしてのフリーランスの仕事の獲得方法を考えるためには、何を目標に掲げるかを定める必要があります。そしてそれは活動段階によって異なるものですが、独立してすぐの頃はとにかく実績が必要です。そのためにはとにかく多くの仕事を得る必要があるので、入札方式での仕事を探すことになります。
入札方式は他のエンジニアとの競争となるので、最初のうちは料金を安く設定することが大事です。そして高品質な仕事を仕上げることで実績を積み上げることにつながります。
実績ができるようになれば、ある程度の料金を確保しても選ばれるようになっていきます。その段階になれば、自分のキャリア目標を考えた仕事の選び方が必要になります。

これまではジャンルを問わずに獲得しやすい仕事を選んでいましたが、特定のジャンルに絞り込んで入札するようにします。それと同時に自分の活動をネットで配信することで、クライアントから直接仕事を受けることもできるようになります。
エンジニアのフリーランスに委託される仕事は、企業にとってはニッチなものである場合が多いものです。自社のスタッフを教育するにはコストパフォーマンスが悪いために、外部委託しています。そのためにいつまで得られるものなのか、将来性も考慮してジャンル選びをすることも大切です。
またこれからは定めた目標のために身につけたいスキルを必要とするような仕事を受ける必要もあります。自分の好きなようにスキル磨きができるのは、フリーランスの特権と言えます。