しっかりとエージェントの選定を

ITエンジニアがフリーランスを始めたときには仕事の獲得方法としてエージェントを活用するのが主流になってきています。この方法が定着したのはフリーランスをしているエンジニアが仕事の獲得に苦労している様子を見て、いくつものエージェントが活発に活動するようになった影響が大きいでしょう。
それを活用することで成功を遂げてきたエンジニアも増えて定評ができている仕事の探し方になっています。

しかし、エージェントを頼りすぎたがために失敗してしまう事例も少なくはありません。エンジニアはエージェントの力量を見抜く眼力が必要ということを理解していないと仕事を探し当てられずに失敗してしまうリスクが高くなります。
エージェントはIT業界についてある程度の理解を持っているとはいえ、個々のエンジニアの特性について深い理解ができるほど万能であることはあまりありません。特に最新の技術を習得しているエンジニアがどれだけ世の中で役に立つのかを正確に説明できるほどの能力を持っている優秀なエージェントは一握りしか存在しないでしょう。そのようなエージェントに出会えるかどうかが重要であり、エンジニアはエージェントを選びぬくという覚悟が必要になってきます。
仕事の獲得方法としては便利なのは確かですが、エージェントの力量を理解せずに任せきりにしてしまうと失敗に繋がる恐れがあります。あくまでフリーランスをする上でのサポートであるという理解をして活用する必要があるでしょう。